バタフライ備忘録

日本産の鱗翅目(チョウ類)についてまとめたものです。

Fixsenia pruni(フィクセニア プルニ)林檎小灰 Black Hairstreak

P6040693 P6040701 リンゴシジミ 2020-06-14 225605
   雄      雌       雌
 
P6116158 P6188179
 吸汁する雌    雌
P6230952 P6230953
  卵       卵
P6040748 P6250964
 蛹     蛹から出た寄生バチ

【特徴】
リンゴシジミという名前に拘らず,北海道ではリンゴの栽培はあまり多くはなく,そもそもリンゴの葉は食さない。pruniという学名もスモモを意味している。北海道でも極めて局地的に分布し,なかなかお目に掛かれない稀種である。裏面がビロード状で新鮮な個体はとても美しい。
【分布】
北海道のほぼ東半分に局地的に分布する。もともとはエゾノウワズミザクラやシウリザクラを食していたと思われ,農家のススモ栽培により各地へ広がったが,その後,離農やスモモの伐採により,現在では極めて局地的にしか生息していない。一時は札幌周辺で生育が拡大したが,現在は減少し北海道では稀有種の一つに数えらる。北見市など道東では生息地は多い。
【食草】
エゾノウワズミザクラ,シウリザクラ,スモモなど
【生態】
年1化性。卵で越冬する。6月中旬頃の短い期間に発生する。卵はスモモなどの樹の皺や凹凸部に1~数卵産み付けられるが,小さくて見つけづらい。通常,臙脂(えんじ)色をしているが白い卵もあるという。幼虫は緑色にピンク色の模様が入り美しい。寄生は少ないとされるが,5つ採蛹したところ,4つの蛹からハチが出てきた。
【近似種との区別点】

カラスシジミもスモモを利用しており,翅表だけではわかりにくいが,発生時期が異なることと,後翅裏面の黒点にリンゴシジミは白い縁取りが付くので区別できる。また,翅表の色は,本種の方が明るく,後翅亜外縁にオレンジ色の斑がある。
【雌雄の違い】
雌はやや大型で前・後翅にオレンジ色の斑が目立つ。また,雄にはわかりづらいが性斑がある。
【特記事項】

Lethe europa(レーテ エウロパ)白帯日陰 Bamboo Treebrown

P4060337 P4100341
石垣島平得産
P4100346
【特徴】
表翅は茶色,雌は太く白い帯がある。中型の蝶。
【分布】
日本では西表島と石垣島に産する。
【食草】
リュウキュウチク,マダケなど。クマザサで飼育可能との図鑑もあり,タケ類の自生しない北海道でクマザサで飼育したが,初齢幼虫の食いつきは極めて悪かった。
【生態】
多化性で年に数回発生する。竹林に生息し,敏捷であり,なかなか会うことができない。
【近似種との区別点】
近似種はいない。

【雌雄の違い】
雄には前翅に太い白帯がある。
【特記事項】

Papilio dehaanii(パピリオ デハーニー)烏揚羽 Common Peacock
IMG_1790 
【特徴】
表翅は黒に青や緑,裏翅は赤い半月帯と黄色い帯が並ぶ大型の蝶。
【分布】
北海道から鹿児島県のトカラ列島まで分布するが,種子島と屋久島には産しない。東京都八丈島,三宅島産は亜種名:hachijonisとされ緑色が鮮やかで,トカラ列島産には亜種名:tokaraensisが付けられ,前翅の帯が明るく鮮やかになる。
【食草】
コクサギ,サンショウ,キハダなど
【生態】
寒冷地では年に2化,それ以外では年3化する。越冬態は蛹。
【近似種との区別点】
ミヤマカラスアゲハと似るが,前翅表面と前翅裏面の黄白帯が上に向かい広がることから区別できる。オキナワカラスアゲハ,ヤエヤマカラスアゲハとは,生育分布が異なる点で区別できる。

【雌雄の違い】
雄には前翅に性標がある。
【特記事項】

↑このページのトップヘ